マイオタリア活用法

口の中が乾燥している(口腔乾燥症、ドライマウス)

口腔乾燥症(ドライマウス)
唾液の分泌が低下して、口が乾いた状態のことをさします。
広い意味での口腔乾燥症は、唾液分泌の低下だけでなく、口が乾いていると自覚する症状すべてをさすことになります。

軽度では
主に口の中のネバネバ感、ヒリヒリする、う蝕、歯垢の増加、歯周病、口臭も強くなります。
重度になると、
唾液分泌量が低下し口腔内の乾きが進行し、強い口臭、舌表面のひび割れ、痛みで摂食障害、
会話しづらいなどの障害も現れます。場合によっては不眠をきたすこともあります。

原因
「薬の副作用(抗うつ剤、鎮痛剤、抗パーキンソン剤、降圧剤などの多くの薬物の副作用として唾液分泌の低下があります)」
「糖尿病」、
「シェーグレン症候群 (唾液腺、涙腺などの外分泌腺が萎縮し、口と目が乾燥する自己免疫疾患)」、
「年齢的なもの」(年齢とともに口や顎の筋力が低下や萎縮がおこり唾液の分泌量が低下します) 、
「ストレス」(ストレスがかかったり緊張をすると交感神経が刺激され、唾液の分泌が抑制されます) 、
「口呼吸」(鼻炎などの鼻疾患や癖などで口で呼吸をすれば唾液は蒸発してしまい口が渇きます)など

当院では、幹細胞上清液点鼻療法を行っています。
詳しくは、クリックお願いします。

地図状舌

舌の表面が地図のようになっています。
多くの方は、痛みがないから気にしていません。

しみたり、痛くなったりして、気に始める人が多いです。

原因の多くは、ストレスです。

治療法は、ストレスを減らしたり、漢方薬治療などです。

舌診に詳しい歯科医師に相談してください。

歯を削らない治療は重要!

根管治療の末路!

小さなむし歯になると
歯を削って補修します。

そして、しっかり歯みがきをしてもまた虫歯になってきます。

やがてしみて痛くなって、レントゲンを撮ってみると、

大きまむし歯になり、

歯の神経の治療をする事になります。

やれやれこれでしみたり、痛くなったりしない、一安心。

歯みがきを丁寧に真剣に実行することで、
むし歯の再発無しと安心します。

数年後、物が詰まったり、歯みがきをすると出血するので気になるのでレントゲンを撮ってみたら、
歯茎が痛んでるし、抜くことになった。

この歯の歴史を振り返ってみると、
大きな虫歯になり、神経の治療をしたため歯を抜くことになったわけです。

むし歯は、怖い。

歯科と美容

歯科と美容
考えたことありますか?

では、
歯科と審美
はいかがでしょうか?

口元の美しさはいかがでしょうか?

一般に歯科では、歯並びのキレイ、
歯が白いでしょうか。

唇のシワとか、ほうれい線、マリオネットラインについて問い合わせ問い合わせ少ないですし、

まして、
の顔の肌について問い合わせ少ないです。

先日は、美容に関心のある若い女性がお口の中のむし歯や歯周病を気にして来院しました。

歯科と美容について、お話ししましたら治療開始になりました。

よかったです。

歯の揺れをおさえる方法

歯がぐらぐらすると不安

【歯を抜かないで揺れを止める方法がある】

歯周病になると歯を支えている骨が弱くなり歯が揺れてきます。

歯茎からの出血や痛み、腫れがあるかもしれません。

重症の場合は、やはり抜く必要がありますが、中程度の歯周病であれば、揺れを抑えることが可能の場合があります。

一般的には、歯を削って被せものを用いて連結します。
やはり歯を削らないで治療を望みたい方は不満がありますね。

歯の揺れが止まれば、
気を付けて間で食事しますし、
歯を大事にします。
歯磨きも気を付けます。
今まで気にしなかった口臭予防も気を付けてます。
そうすれば、対人関係もうまくいきます。

だから
【歯を抜かないで揺れを止める方法がある】
事は、素晴らしいですね。

精神的不安がなくなるし、
ストレスもなくなるし、
現時点では、抜かないで済みます。
自分の歯で噛めることに幸せを感じます。
ほかの歯を治療しないで済みます。

だから
【歯を抜かないで揺れを止める方法がある】
事は、素晴らしいですね。

自費になりますが、診査の結果可能であれば、削らずに揺れを小さくする治療を提供します。

何よりも、普段よりそうならないことが重要です。

令和3年2月27日(土)は診療日です!

令和3年2月27日(土)は診療日です!
よろしくお願いします。

むし歯の治療は、削りたくない!

最近、少しずつではありますが、むし歯の治療はできるだけ削らず、神経を残してほしいという要望の患者さんが増えてきた!
大変うれしいです。

その内容は、レーザーやドックベストセメント療法です。(自費治療です。)

健康寿命を少しでも延ばしたい方へ

【健康寿命を少しでも延ばしたい方へ】

こんにちは
大島です。

人は健康でありたい長生きしたいと考えています。

人生100年時代に入り
日本人の平均寿命は世界一ですが、

健康寿命は大変短いです。

日本人の3大死因は、がん、心疾患、老衰(2019)です。

このように書くと
「ショウガいない、病気になったら病院に行こう。」や「もっと健康志向になろう。」と頑張る人が増えてきます。

一方、歯科は違います。
多くの人は、「歯科は命に無関係だからね。」と考えています。

そもそも歯科には、行きたくないのです。
歯科は、痛い、怖い、キーンとするあの音が嫌いなどいやな所です。

ですので、
痛い、腫れた、噛めない苦痛を取り除くために歯科に行きますが、

苦痛さえ取り除ければ、歯科から離れていきます。

しかし、多くの方がまだ気づいていない事があります。

近年の研究で、口腔内の感染症(むし歯、歯周病、根尖病巣など)が全身に及ぼす影響についてわかってきています。

お口の中が健康であれば、がん、心疾患、肺炎、消化管の炎症など悪化しない可能性があります。

=================
健康寿命を少しでも延ばしたい方は
お口の健康増進が大切です。
=================

多くの方は、どのようにすれば、
お口の健康を増進し、健康寿命を少しでも延ばす事ができるのか?
疑問を持つ方もいると思います。

お口の健康増進と健康寿命を少しでも延ばしたい方は、
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://lin.ee/pBBMKd8
 メールお願いします。

20年後、30年後、認知症にならない為の予防

20年後、30年後、認知症にならない為の予防をしませんか。

多くの方々は、
今、認知症ではないからと言って
何もしてません。

認知症は、突然発症しません。

20年、30年かけてゆっくり進行していきます。

生活習慣の見直しが重要です。

私たちは、口から始まるプログラムを用意してます。

自費治療です。

真剣に取り組む方は多いと思います。