全身予防歯科法

歯科治療で歯を残すことはできません。
削れば削るだけ歯の寿命は短くなります。
むし歯で神経をとった歯は無条件に再度むし歯や歯周病になります。
歯石をとって歯ブラシ指導を受けても歯周病が治らないことがあります。
保険治療は一見安く見えるけど、長期的に見るとのちのち高額になる治療方法です。
しかも、治らない。
全身の病気は口腔内の環境とのかかわりが深いです。また、腸内細菌叢も口腔内細菌叢と深くかかわっています。

これが、現実です。

私のこれからの歯科医療は、
歯科医療は、口腔内細菌との戦いです。
歯は治療すればするほど悪くなります。
治療より予防で歯は残すことができます。
原因除去療法で完全予防が実現します。

このシステムこそ、患者さんが最高に利益を得る治療法です。

歯は削れば削るほど寿命が縮みます!

これが、現在の保険治療に当たります。
だからこそ極力歯を削らない治療を選択すべきなのです。

本気で歯を残すためにはどうすればいいのでしょうか?
歯を失う一番の原因は、歯周病・むし歯といわれていますが、
はたして本当でしょうか?「早く治療を受けた歯ほど早く喪失する」ここがポイントです。
極力削らない治療を選択し、むし歯になった原因を取り除くべきです。しかも、歯髄(歯の神経組織)を残すことが非常に重要です。

ビー・アイ歯科診療所では、真の予防歯科(ヨーロッパ式予防)の導入を行っています。

*最新のむし歯の成因
・Dentinal Fluid Transportの逆流・停滞
砂糖・ストレス・運動不足・ビタミン・ミネラルの欠乏・薬剤
むし歯になりやすい人➡血糖値の上がりやすい人
むし歯になりにくい人➡血糖値の上がりにくい人
・プラークと酸
・意味のない歯の削合(歯にひびが発生)
・細菌感染(口腔内は細菌だらけ)

*最新の歯周病の成因
・糖質の過剰摂取
・ストレス
・カルシウムの過剰摂取
・免疫力低下
・ドライマウス
・運動不足
・抜髄
・低体温
・Van Dyke理論
Mgとオメガ3脂肪酸不足

これが最新のむし歯・歯周病の原因です。

歯磨き、歯磨き剤で良くなるわけがありません。
本当の予防歯科は生活習慣の見直しから始まります。

ビー・アイ歯科診療所では食事指導を行っております。
お気軽にご相談ください。