顎関節症(WiN式治療法)

あなたもこんな症状でお悩みではありませんか?

口を開けにくい
長時間ほおづえをついていると口が開きにくくなる
あくびをした後にあごが痛くて口を開けにくくなる
口を開けるときに痛みがある
歯ぎしり用のマウスピースをするとあごが痛くなる
グミやせんべいを食べると顎が痛くなる
片側の歯で噛んでいると同側のあごが痛くなる
ストレスで顎の痛みが強くなった気がする
口を開けるときに音がする
子どもの頃から顎の音をさせて遊ぶ癖がある
じっとしても顎が痛い
側頭部、こめかみの周りに頭痛がある
口を開閉するとパキパキ鳴る
どうも歯軋りをする癖がある気がする
口を開けたり閉じたりするとあごが痛む
顎ごを動かすと音がする

顎関節症です。

顎関節症には、様々な型があります。

最も多い症状が、筋-筋膜疼痛性の症状です。

顎関節機能障害は、外傷や病変など多くの問題により起こりますが、
顎関節の問題は大半は口呼吸と筋機能悪習癖を伴います。
多くの従来の治療法はこの点を見落としてます。
つまり、顎関節症の治療には、口呼吸と悪習癖の改善が必要なのです。

自宅にてマウスピース(医療用シリコン使用:オーストラリア製、医療機器TMJBDS®)使用。

同様に、自宅にて頭頚部の筋-筋膜マッサージ(補助として、幹細胞培養液使用のファイスマスク使用)

必要あるいは希望があれば、噛み合わせの治療、矯正歯科治療などがあります。