子供の矯正歯科、子供の歯列不正

子供(子ども、こども、小児)いろいろ言葉があります。

子どもの矯正歯科について

乳歯から対応可能です。(ただし、本人の意思がしっかりしていること)
歯列矯正は、永久歯の萌出を待っていては遅いです。

およそ3歳~8歳は、T4Kなどのマイオブレース(マイオブレイス矯正システム)などを使用します。
口のまわりの筋肉のトレーニングも含みます。

8歳以降は、SH療法を用います。
その後は、必要に応じマウスピース矯正も併用します。

子どもの歯列不正の原因の多くは、口呼吸や軟食などが原因と言われています。

頭の骨格は、大人になるまで発育し、その後も機能により変化します。

歯並びだけを気にするのではなく、顔の美、全身の美を考えましょう。

ビー・アイ歯科診療所では、およそ3歳から8歳までの口呼吸改善プログラムを行っています。
8歳以降のお子様では、SH療法などが必要となりますので、東京の大井町にある医療法人社団WiN 愛D歯科&矯正歯科と医療連携を行っています。