広島たか子妊娠6か月の歯痛物語

 千葉県市原市の郊外に住んでいる広島たか子30歳(仮名)は、現在妊娠6か月安定期を迎えている。

 健康管理には十分気を付けているが、ホルモンバランスの変化に伴い軽度な歯肉炎を起こしやすくなっていた。

 ある日、たか子は突然右下の奥歯に痛みを感じた。
 妊娠前に近所の歯科医院にて定期健康診断を行っていた。
 たか子は、「あの時の健診では虫歯はなかったのになぜ痛くなったのだろうか。」と不安になっていた。
 先日産婦人科で処方されたカロナール(鎮痛剤)を応急的に服用し、経過を見ていたがたびたび痛みが、続いている。

 ついに痛みに耐えきれず、近所の数件の歯科医院訪れて痛みの原因と治療を求めて通院したが、いつも消毒のみで終わっていた。そして、カロナールの力を借りないと痛みに耐えられない日々が再び続いいた。

 なかなか改善されないので薬を使わず口をきれいにし精神的に安定化してくれる歯科医院をインターネットで探すようにした。
たか子は、「多くの妊産婦は、歯痛のつらさをどうしているのだろうか。」という疑問と不安があった。
 痛みは、毎日続き悪化し始めた。
今回は車でおよそ1時間かかる君津市の歯科診療所に電話をし、今までの話をした。院長からは、この歯科診療所の妊産婦向けの痛みに対する対応を受ける。この日は夜遅かったので翌朝診療受診することを約束してたか子は電話を切った。

 翌朝、君津の歯科診療所にて診察の結果むし歯ではなく親知らずに歯肉が覆いかぶさり炎症を起こしていることが原因と分かった。その結果を踏まえてたか子は、今後の対応について院長に検討してもらった。
*診療室と同等の口腔ケア、消毒ができること。
*炎症を薬ではなく炎症消退可能なものを使用すること。
*人体に対して安全なこと。
を院長は今後の対応条件とした。

 院長より「この歯科診療所内は殺菌水を用いてます。上記の条件に合うPOICウォーターを使用してもらうことにします。
POICウォーターは、人の白血球が細菌などを分解するために次亜塩素酸イオンを出します。これを水と塩を用い電気分解して作ったものです。」という説明を受けた。
 たか子も実際に診療室内でPOICウォーター利用を体験した。たか子は、「これなら使えそう。」という感想を持った。さらに炎症消退を期待できるビタミン剤を服用することになった。
 この日たか子は、さらに痛みに対して精神的に解放されたように感じた。

 その後は、ようやく普段と変わらない自分を感じた。たか子は出産準備のワクワク感が日々増してきた。

~この物語はフィクションです。よろしくお願いします。~