ホームケアを考える上でいくつかの点を考慮する必要があります。

砂糖の危険性

からだの酸化・糖化に気を付けましょう。

むし歯の原因のほとんどは「砂糖の過剰摂取」が原因です。
新たなむし歯をつくらないために・・・
・砂糖を減らそう
・むし歯が多い方(お子さん)は将来、糖尿病など生活習慣病になる可能性があります。
・むし歯が多い方は“2型糖尿病の未病”とみて、食生活を改善したほうが良いでしょう。
・砂糖の毒性があります。

砂糖の過剰摂取はあなたの健康を損ねます。
砂糖の摂取量をコントロールしましょう!

「砂糖の危険性」についての詳細 ←こちらをクリックしてください。

フッ素の害

ビー・アイ歯科診療所では、今後フッ素入り歯磨き剤、洗口剤などの販売は当面中止する予定です。
フッ素そのものをゼロにはできません。最小限の使用を考えます。
今後もより安全性の高い製品を提供しようと考えてます。

「フッ素の害」についての詳細 ←こちらをクリックしてください。

洗口剤

現在販売されている洗口剤は、薬です。薬による洗口は、耐性菌の発生を認めてしまうため極力避けるべきと判断しています。
現状では、電解水を活用することが良いと判断しています。

「電解水:POICウォーター」の詳細 ←こちらをクリックしてください。

あいうべ体操

免疫を高めて病気を治す「お口の体操」
「あいうべ体操」を御存知ですか?
考案者の今井一彰先生はよくTVにもでているし、ご講演もされているのでご存知の方も多いと思います。
シンプルで素晴らしい家庭療法です。
呼吸は鼻でするものです。口は食べるところです。
もし口で呼吸をしていると、むし歯・歯周病・不正咬合・垂れ下がった顔つきなどの原因になります。
また免疫機能が下がるため気が付かないうちに、全身の病気にかかることも多いです。

「あいうべ体操」の詳細 ←こちらをクリックしてください。

最新のホームケア

「新しいお口の予防法」は、最先端の科学技術で生まれた!
「除菌水 POIC ウォーター]で毎日お口を清掃することで
お口の「悪玉菌」を除菌し
「むし歯や歯周病」のない「健康なお口」にします。
薬ではありません!

「むし歯・歯周病」予防のホームケアとして、
毎日の 「POICウォーター」 の使用をお勧めしています。

「従来の歯磨き剤と歯ブラシ」から
「POICウォーターのホームケア」に変えられた患者さんの評価

・朝起きた時口の中のネバネバがない
・歯がツルツルになって快適
・汚れが全て取れる感じがする
・歯茎から出血しなくなった
・仲間や家の者に口臭がしなくなったと言われる
・口の中が何時までもさっぱりして爽快
・歯茎が昔のように戻ってきた
など

「POICウォーター」の詳細 ←こちらをクリックしてください。

免疫力の考え

免疫とは病原菌やウイルスなどの外敵の侵入を防いだり、 体内にできた害をもたらす細胞を除去するという自己防衛機能と考えてます。
その最前線では、主に白血球の働きや、免疫の要である、脳や腸など代謝機能の働きが重要になります。歯科、口腔領域にも大変重要です。そもそも体の免疫力が低下すると口腔領域にさまざまな障害が発症します。免疫力の強化は重要です。
そこで、ビー・アイ歯科診療所では、免疫力検査(採血:主に白血球の働きを検査)、有機酸検査(尿:代謝物の検査から判断)などを行っています。(詳細は、免疫力検査有機酸検査をそれぞれクリックしてください。)
免疫力検査は、採血日が平日に限られますので、有機酸検査のほうが利便性があるかもしれません。

グリーンアップルとcure tooth decay

平成27年11月7日(土)は、片品村の林檎亭に行ってきました。このところ毎年行ってます。
今回の最大のテーマは、「CURE TOOTH DECAY」というタイトルの本の54頁のintermediate fruit recommendationsの項目に書かれているgreen applesが気になって直接専門家に聞こうと思い片品村の林檎亭に行きました。
途中、吹き割の滝の周辺を散策し、片品村の林檎亭に向かいました。

林檎亭オーナーに近年の林檎の状況を聞くとやはり、以前は、酸味があった方が良いというように言われていたそうですが、糖度重視傾向が国内にはあるようです。本日(平成27年11月7日)食べられる林檎メニューは、写真の通りです。

月別に収穫できる林檎の種類が違うのも驚きです。(写真をクリックすると写真が大きくなります。)

もぎたては、完熟ですが、甘みも酸味もあります。この日酸味のある林檎は、陽光でした。昔ながらの素朴な歯ごたえ、味でした。

(陽光です。)
green apple?青りんご?完熟のものもあるようですが、種類は少ないようです。また、未熟のものも食べてみましたが、やはりまあまあでした。

(向かって左は、陽光の断面、右は、ふじの断面)

(ぐんま名月の未熟:完熟のものより甘み少ないですが、やはり完熟がいいです。)

先日facebookに投稿した内容の抜粋!(平成27年9月20日)
先日、green appleが話題になりました。まず浮かぶのは、1.ビートルズ。次に2.青リンゴ、その次は酸味のある3.紅玉です。まだあるでしょうが小生はこんなもんです。
リンゴのサイトを読むと、赤リンゴの熟してないリンゴ。甘みが少なく酸味がある。愛好家も多いようだ。青リンゴの品種もあるようだ。先日のセミナーの時のgreen appleは、赤リンゴの熟してないリンゴの気がします。


ジーニアス英和辞典 第3版 greenの項目


紅玉