砂糖は怖い!

日本人の9割は“砂糖中毒”!

精製された、「砂糖」「小麦」「精白米」「塩」「油」など

人類はこれほどまでに脳に直接快感を得られる食べ物を手に入れたことはありませんでした。

そして、これらの食べ物が一般に「麻薬」と呼ばれるものと全く同じメカニズムで脳に快楽を与えて、体に刷り込みを与えていることが明らかになってきています。誰でも簡単に手に入れられて、毎日欠かさず、何気なく口にいれているもの、まさに「マイルドドラック」というにふさわしいものです。

いわゆる“中毒症状”
・イライラすると甘いものが食べたくなる

・ラーメンを食べずにいられない

・食事のときに、一口目に、まずごはんから食べる

・カレーライス、丼物、ラーメンライス、がランチの定番

・無性にチョコレートが食べたくなるときがある

・甘い炭酸飲料水を、週に2~3回飲んでしまう

・ハンバーガーやドーナツをよく食べる

・なんにでもお醤油をかけてしまう

現代の日本の食卓に上がるのは精製されたものばかりです。精製されていない自然のものは、加工するのに手間がかかるので、大量生産できず、価格も高めになります。そのため、安価で使いやすい白砂糖、食塩、旨み調味料など加工(精製)されたものが、毎日の食事で活用され、子供の頃からマイルドドラックを口にしています。これらの、マイルドドラックを子供の頃から食べていれば、大人になる頃には立派な「中毒患者」のできあがりです。
マイルドドラックは、老化を進行し、病気を招く危険因子です。中毒をそのまま放置しておくと、老化が速まり、生活習慣病のリスクが高まり、脳卒中、心筋梗塞、認知証のリスクが上がってしまうのは間違いありません。
中毒に陥らないよう、1日3食バランスのとれた食事を心がけましょう。

参考図書 「砂糖」をやめれば10歳若返る! 白澤卓二 著

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

今までとは全く違う「新発想」の最先端治療

今までに掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)などと診断されて何度も治療した経験はありませんか? 症状の改善は得られましたか?

今までとは全く違う新発想の掌蹠膿疱症の治療体制を開発いたしました。
全国でも類を見ない療法を、掌蹠膿疱症でお悩みの方に、体験して頂きたいと思います。
なぜ、歯科で掌蹠膿疱症が改善するのか?

以前より歯科の病気と掌蹠膿疱症の皮膚炎は関係があると言われてきましたが、掌蹠膿疱症を劇的に改善させた歯科医師が少ないため、なかなか評価されませんでした。
確かに全ての掌蹠膿疱症が当所の治療法で治るとは限りません。しかし、歯周病や歯根膿胞などの歯科的疾患が認められた掌蹠膿疱症の患者さんにとっては有効な治療法の一つなのです。
症状にお悩みの方、治らないとあきらめている方、ぜひ一度、当所にご相談ください。
掌蹠膿疱症と診断されていない方には、皮膚科のご紹介もしております。

*掌蹠膿疱症とは
約26000人もいる掌蹠膿疱症患者(2005年厚生労働省患者調査)
掌蹠膿疱症とは、手のひらや足の裏に、うみのたまった疱(膿疱という)が多数できる皮膚病です。膿疱は無菌性で、対称性に発生し、しばらくするとガサガサになり、良くなったり悪くなったりを繰り返します。
約10%の割合で胸肋鎖骨関節や脊髄に関節炎を併発することがあります。特に、胸肋鎖骨骨化症を合併する場合が多く、上胸部の疝痛や運動制限が見られることがあります。

*掌蹠膿疱症の原因
掌蹠膿疱症の原因として、溶連菌やスーパー抗原に対する免疫応答の異常、慢性扁桃炎(扁桃病巣感染症)・虫歯・歯肉炎などの病巣感染、歯科用金属やアクセサリーなどによる金属アレルギーがあげられます。
また、ビタミンの一種であるビオチンの不足や喫煙との関連も指摘されています。

*掌蹠膿疱症の検査方法
手のひらや足の裏の膿疱に対しては、病理検査(皮膚生検)を行い、膿疱の無菌性を確認し、診断します。
関節炎に対しては、レントゲン検査や骨シンチ検査を行い、骨の変化や前胸壁への集積を確認し、診断します。

*掌蹠膿疱症の治療方法
治療には、外用剤として、ステロイド外用剤やビタミンD3外用剤を使用します。内服治療として、ミノサイクリンやマクロライド系抗生物質を使う場合もあります。また、ビタミンA誘導体(チガソン)の内服、紫外線療法を行うこともあります。

強い関節炎には、対症療法として非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)を使用します。
扁桃摘出術が有効な症例やビオチン療法が有効な症例もあり、症状にあった治療を行います。

皮膚科との連携し、独自の歯科治療を行います。
掌蹠膿疱症は皮膚の病気ですから、皮膚科との連携治療が非常に重要となります。
よって、先に皮膚科を受診してもらい、皮膚科のお医者さんの掌蹠膿疱症ですという診断がなければ、治療を行っても意味がないのです。

皮膚科での診断を受け、当所では歯の検査を行い、歯科的疾患(歯周病や歯根膿疱など)が原因となっていると思われる掌蹠膿疱症を独自の歯科治療によって改善していきます。

当所の治療方法
では、実際の治療方法をご紹介したいと思います。
掌蹠膿疱症の原因の一つが病巣感染、病巣炎症であるという点から、X線診査で病巣の確認を行います。
もし歯の根の先に病巣(歯根膿疱)などが認められた場合は、根の治療によって病巣感染、病巣炎症を除去します。 また、X線診査で歯を支えている骨(歯槽骨)の吸収量を診査し確認します。
もし歯周病の確認ができた場合は、歯周病の治療を行います。

保険外の治療(自費治療)となります。薬、レーザー治療、栄養療法、サプリメントなどによる歯根の治療、歯周病治療を行います。

掌蹠膿疱症の原因の一つが免疫不全であるという点からも、低下した自己免疫力を高めるサプリメントなどを継続的に飲むことは、有効な方法であると考えます。

歯科的疾患(歯周病や歯根膿疱など)が原因となっていると思われる掌蹠膿疱症には、歯科治療と自己免疫力(抗酸化力)を正常にする事こそが重要な鍵なのです。

むし歯、歯周病は万病のもと
掌蹠膿疱症だけではなく、むし歯、歯周病が原因となって、全身の病気にかかる方もいます。例えば、動脈硬化や心筋梗塞など、生命の危機にさらされるような重大な病気にかかることもあります。

むし歯、歯周病は、生活習慣病です。全身疾患です。
ですから、歯科疾患の治療をすすんで行うことはもちろんですが、生活習慣や食生活の改善が大切なのです。
当院の指定する抗酸化力を持つサプリメントは、継続的に飲むことで自己免疫力を正常にしてくれるので、むし歯、歯周病の予防にも効果的であるといえます。

むし歯、歯周病が気になるという方も、ぜひ一度、当所にご相談ください。

〒299‐1141
千葉県君津市君津1番地 君津健康センター1階東側
ビー・アイ歯科診療所
大島 晃
電話0439-54-1949
メールのお問合せ bidc68@yahoo.co.jp

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

睡眠時無呼吸症候群(SAS)
睡眠時無呼吸症候群を歯医者で治す!?

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠時に呼吸が止まることで、よく眠れない、眠っても休んだ気がしないなどの症状が現れる、不眠症の一種です。
生活に悪影響を及ぼすのはもちろんの事、重症化すると命に影響を与えかねない病気です。当所では、症状に応じて医科と連携した治療を進めて参ります。

主なポイントは、
1.睡眠中に定期的に呼吸が止まる。
2.鼻がつまったような大きないびきをかく。
3.日中激しい眠気に襲われる。
4.肥満体型である。
5.顎の骨格が生まれつき細い。

あなたは睡眠時無呼吸症候群ではありませんか?

以下の質問に当てはまるものはいくつありますか? 睡眠時無呼吸症候群の関連性が判ります。
1.昼間いつも眠い。
2.いくら寝ても眠い。
3.朝の目覚めがすっきりしない。
4.朝起きると頭が痛い。
5.居眠りをよくする。
6.記憶力、集中力が落ちてきた。
7.夜間何度もトイレに行く。
8.夜間何度も目を覚ます。
9.いびきがうるさいと言われる。
10.精神的に不安になる。

3個以上当てはまる人は、睡眠時無呼吸症候群の疑いがあります。
受診・ご相談される事をおすすめいたします。

睡眠時無呼吸症候群とは
2003年2月山陽新幹線の運転手(身長170cm、体重100kg)が、前日にしっかり睡眠(10時間)をとったにもかかわらず、時速270kmで8分間、26kmにわたり居眠り運転をしています。

幸い自動列車制御装置が作動し、岡山駅ホームの途中で自動停車したため、大事故にはつながりませんでした。運転手は車掌に起こされるまで熟睡し、その後の検査で睡眠時無呼吸症候群と診断されたとの報道で、この病気「睡眠時無呼吸症候群」が一躍有名になりました。

症状について
睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に無呼吸(呼吸が止まること)や低呼吸(呼吸の低下)が繰り返される病気です。その結果、十分に睡眠がとれず、日中の眠気、仕事の能率低下、居眠り運転事故などを引き起こしやすくなります。
また、無呼吸や低呼吸は循環機能に負担をかけるため、不整脈、高血圧、心不全などの症状が高い確率で現われます。

代表的な症状は大きないびきや昼間の眠気ですが、全く自覚症状がない人もいます。

以下に主な症状を列記します。
・大きないびき・睡眠中の多動・夜間の頻尿・夜尿症・熟睡感の欠如
・性格の変化(イライラ・キレやすい・うつなど)・夜間の寝汗
・夜間の咳・睡眠中の窒息感・息切れ・あえぎ呼吸・早朝の頭痛
・性機能低下(男性・ED)・不眠・日中の強い眠気・倦怠感
・集中力の欠如・歯ぎしり・ドライマウス など

睡眠時無呼吸症候群の治療法
*外科手術
外科手術は睡眠中の気道の閉塞を防ぐために行います。口蓋垂軟口蓋咽頭形成術(UPPP)、いびきのレーザー手術(LAUP)、アデノイド摘出術等の方法があります。

以前は多用されていましたが、1998年にCPAPによる治療が、2004年にスリープスプリントが健康保険適応になったため、現在では外科手術はほとんどおこなわれておりません。

*CPAP(持続性陽圧呼吸装置、シーパップ)の使用
鼻マスクを装着して加圧した空気を気道に送り込むことで、気道の閉塞を防ぐ装置です。
一晩中、陽圧がかかることによる不快感があり使用できない人もいますが、どこでも簡単に使用でき、最も効果の高い方法です。
主に中程度から重度の睡眠時無呼吸症候群の治療に用いられます。
この装置は、医師の診断のもとに使用するので、歯科での使用はできません。

*スリープスプリント(口腔内装置)の使用
スリープスプリントとは、寝る時に下あごや舌を持ち上げるように工夫された口腔内装置です。鼻マスク(CPAP)を使用する治療と併用して用いられることもあります。
スリープスプリントは、身体への負担が少ない治療法として用いられますが、効果は高く、気道が開き空気が通る事でいびきや無呼吸が減少して熟睡できるようになります。
スリープスプリントが適用となるケースは、いびき症、軽度から重度の睡眠時無呼吸症候群で、鼻マスク(CPAP)による治療が困難な場合などです。
スリープスプリントが適応にならないケースは、重度のあごの関節の病気(顎関節症)や重篤な呼吸不全です。

スリープスプリントの保険診療について
医師(※)の診断・歯科医師への治療依頼・検査結果によって、スリープスプリントを保険診療で作製する事ができます。

※医師 とは
内科、循環器科、循環器内科、呼吸器科、呼吸器内科、耳鼻科、耳鼻咽頭科、形成外科、美容外科、精神科、神経科、神経内科、小児科などをいいます

医科での検査の結果、医師に睡眠時無呼吸症候群と診断されなかった場合は、自由診療(自費)によってスリープスプリントを作製する事となります。自由診療ですので、検査をおこなっていない方、いびき症の方(軽度の症状)でも作製可能です。

スリープスプリントによる治療の流れ
ご相談(初診時)
ご来院前にご相談・ご質問をされたい方は、電話・メールにてお気軽にお問い合わせください。ご相談のみでも構いません。
ご来院いただきましたら、症状をお聞きした後に治療について具体的なご説明いたします。医科からの紹介状をお持ちの方はご持参ください。

ほとんどの方がスリープスプリントの適応になりますが、適応にならない場合は、紹介先医療機関での治療(CPAP、外科手術など)となります。

口腔の検査
お口の中を拝見し、噛み合わせなどを調べます。必要に応じてレントゲン写真を撮影して、分析をおこないます。
一部のスリープスプリントは健康保険適応外となります。詳細はお問い合わせください。

治療
歯の型を取り、スリープスプリントを作製してお渡しします。
睡眠時にスリープスプリントを装着して寝るようにします。
1.正常な状態
気道は十分に開いています。
2.いびき、睡眠時無呼吸症候群の状態
肥満などで大きくなった舌が気道をふさいでしまい、呼吸が妨げられます。
3. スリープスプリント装着時
舌を持ち上げ気道を広げるので、呼吸がしやすくなり、いびきをかかなくなります。
当院のスリープスプリントは、患者さんに最適なものができるように、会社として独立した歯科技工所にて作製いたしております。

定期健診
スリープスプリント装着後に異常がなく経過が良好でも、6ヵ月~1年に一度の頻度で定期健診を行います。

定期健診では、スリープスプリントの摩耗(削れ具合)や破折がないか、あごの関節や歯、歯ぐきに異常がないかチェックします。

〒299‐1141
千葉県君津市君津1番地 君津健康センター1階東側
ビー・アイ歯科診療所
大島 晃
電話0439-54-1949
メールにてお問合せ bidc68@yahoo.co.jp