掌蹠膿疱症について(君津より)

手のひらと足の裏を中心に水庖泡状の湿疹が繰り返します。
膿疱が無菌性であるが、むし歯・歯周病などの病巣感染や、歯科用金属やアクセサリーなどによる金属アレルギーの関連性があるとされる。
そのため、歯の根の病巣を除去や歯周病治療行うと症状が改善される報告が多い。
当所では、通常の歯科治療(薬物治療も含む)のほか、サプリメントの補給、食事療法などを独自に組み合わせ治療に取り組んでいます。
ご相談など下記までご連絡ください。
連絡先:君津市君津1番地君健康センター1階東側
    ビー・アイ歯科診療所  大島 晃
電話 :0439-50-2068
メール:bidc68@yahoo.co.jp 

パート2を2014年11月14日のブログに記載しました。
続いてお読みください。

ココナッツオイルと歯科

最近、ココナッツオイルがブームになっていることをご存知でしょうか。
順天堂大学医学部白澤教授が、今年(2014年)、ココナッツオイルが認知症の症状改善や予防に期待できることを紹介したところ大変評判になってココナッツオイルが入手困難な状態が続いています。
ココナッツオイルの研究は、アメリカやヨーロッパでは、かなり研究が進んでいます。入手可能な論文を読んでみると大変すばらしい作用が期待できます。以下に代表的論文の評価を記載します、
効果期待:
1)抗菌作用・抗ウイルス作用
2)口腔ケア(むし歯予防・歯周病予防)
3)免疫力を高める
4)抗酸化作用
5)糖尿病の予防・改善
6)心臓血管疾患のリスクを減らす
7)ダイエット効果
8)コレステロール値を下げる
9)便秘に効果的
10)認知症・アルツハイマーの予防・改善
11)など
ビー・アイ歯科診療所では、抗菌作用、抗ウイルス作用に着目し、むし歯予防、歯周病予防に利用してます。

ココナッツオイルの特徴
*中鎖脂肪酸です。オリーブオイルやえごま油などとは異なります。
*トランス脂肪酸は、含みません。
*エキストラバージンココナッツオイルあるいはバージンココナッツオイルの利用を勧めます。
*約25℃以下で白く固まり始めます。必要があれば湯煎します。
*保存は、常温です。
*消費期限は、約2年。(開封後は、約3か月以内に利用を勧めます。)
*健康のためには、1日大さじ1~2の服用から始めましょう。(個人差があります。)ココナッツオイル大さじ1(約15ml)はエネルギー約120kcalを目安にしてください。(メーカー差あります。)体調によっては、量を加減しましょう。
*ココナッツオイル使い初めには、好転反応が現れる人がいます。(皮膚発疹、吐き気、嘔吐、副鼻腔鬱血、下痢、疲労感などのいくつかがあります。個人差あります。)
*毎日、料理に使用することは良いことです。

取扱商品:オリバード・エキストラバージンココナッツオイル:ガラス瓶、375ml
2500円(税込2700円)

ビー・アイ歯科診療所
〒299-1141 千葉県君津市君津1番地 君津健康センター1階東側
電話0439-54-1949
ホームページ:http://www.bidc.jp
メール:bidc68@yahoo.co.jp 
大島 晃(20141007)