インプラント周囲炎の予防について

1.口腔ケア(ブラッシングなど、咬合治療など)
2.免疫力アップさせることが必要です。
・高濃度ビタミンC点滴療法
・グルタチオン点滴療法
・α―リポ酸点滴療法
・低用量ナルトレキソン療法
・栄養療法(オーソモレキュラー療法)
・などを行う必要があります。

当所では、インプラント周囲炎予防のお手伝いを行うことが可能です。また、免疫力を高めたり、口腔の健康に役立ちます。又、アンチエイジングにも有効です。

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥(20070213:おおしま あきらのブログより)

「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」
よく耳にすることわざです。

 数年前(おそらく2000年頃と思います)、毎日休みもとらず働いていた時期がありました。たまには、気分転換も必要と思い、8月の土日を利用して小樽、札幌に行くことにしました。特に予定も立てず、往復の飛行機とホテルだけ決めて土曜日早朝出発し、午前10時ごろには、小樽港にて海を眺めていました。快晴で暑い日でしたが、たいへん気持ちよかったです。
 小生の後のほうから、小学校高学年か、中学1年生かわかりませんが、女の子二人の会話が聞こえてきました。最初は、気にもせず聞き流していましたが、だんだん耳から離れなくなり悪いと思いましたが聞いてしまいました。

地元小樽の子ではないようで、友人と二人で小樽観光に来たようでした。どうもどこをどう行ってよいか分からなかったようでした。
a「どうしようか?」
b「朝出る時、お母さんが言っていたんだけど、聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥と言う昔からの言葉があるから分からなくなったら聞いてみなさいって言ってたよ。」
a「ふーン」

 小生この日から、この会話とこの言葉が脳裏に焼きついて離れません。

20140724の朝会では、この話をしました。

口腔内科

具体的には口臭、口腔粘膜疾患(ヘルペス、カンジダ症、口内炎・口角炎、悪性腫瘍・良性腫瘍など)、唾液腺疾患、顎関節疾患、口腔乾燥症(ドライマウス)、味覚障害、舌痛症、顎顔面領域の神経性疼痛、口腔内と関連する精神疾患(口腔心身症)などが対象となります。かなり幅広いエリアです。
 治療では、栄養療法(オーソモレキュラー療法)、点滴療法などグローバルスタンダードな治療を当所では行います。

久留里焼酎倶楽部本日の昼食は、ポータル亭。

雑草取り終了。
昼食は、久留里城駐車場内にあるポータル亭。
昨日オープンだそうです。
テラスは、ペット同伴可能です。

久留里焼酎倶楽部(草取りの日)平成26年度

無事雑草取り終了。
無農薬で芋を栽培してます。
毎年、雑草に悩ませられます。

草取り中

草取り終了

なるべく歯を削らない、なるべく神経を取らないむし歯の治療

なるべく削らない
なるべく神経をとらない
なるべくかぶせない
なるべく抜かない

一般にむし歯になると歯を削ります。
神経の治療では、歯を削り神経を取ります。
その結果、かぶせます。
そして、将来歯が弱り抜きます。

やむを得ずむし歯になった場合、
「なるべく削らない、なるべく神経を取らない」ことが、歯を長く活用できるわけです。

むし歯の原因
局所:口腔内の細菌
全身:砂糖の摂取、ストレス、運動不足、微小栄養素不足(ミネラル)、薬理作用(交感神経刺激)など
*アメリカのロマリンダ大学の研究による「dental fluid transport」という現象から報告されています。

歯周病の原因
局所:口腔内の細菌
全身:糖質の過剰摂取、ストレス、運動不足、微小栄養素不足、むし歯、低体温など

まとめ
むし歯と歯周病の原因の除去のためには、ほぼ同様のアプローチが必要です。つまり、口腔からと全身からのアプローチが必要です。

むし歯の治療としては、ドックベストセメントが有効です。

平成26年7月10日(木)周西小学校4年生向け「お口の健康」講演

当日は、講演と歯みがき実習;ご家族と一緒に行いました。

オリーブ葉エキス

*オリーブ葉エキスとは
オリーブの木は古くから健康回復に役立つ力が有ると言われてます。
その為、数千年も前から原産地である地中海沿岸では、健康維持にオリーブの葉をお茶にしたりして摂取しています。
このオリーブ葉エキスには、オーレユーロペンと呼ばれる成分が含まれており、直接、感染症を引き起こす細菌に働きかける効果や血圧降下・鎮静作用・解熱作用・美肌効果があることから最近では世界各地から注目を浴びています。

・オリーブ葉エキスの効果が報告されている感染症例
インフルエンザ・ヘルペス・ロタウイルス感染症・カンジタ症・歯周病・水虫など細菌・真菌やウイルスによる感染症に幅広く効果があるといわれています。

・オリーブ葉エキスは種々の最近の増殖を抑制する
当所では、抜歯の際に患者様と相談を行い、抗生物質を処方しております。
これは、口腔内にいる雑菌が抜歯をしたところから入り込み感染症を引き起こす可能性があり、その感染症を予防することを目的としております。
しかし、患者様の中には妊娠中の方、抗癌治療中の方、薬物アレルギーの方などの抗生物質を処方できない方がいらっしゃいます。
その様な患者様が感染症などのリスクを回避したいとご希望される時だけオリーブ葉エキスをお出しすることができます。
患者様がご希望される以外はお出しすることはありません。

※オリーブ葉エキスは保険適応外になり、一錠ずつの処方は行っておりません。
その為、ご希望される患者様は1パックあるいは1ボトルごとのご購入となります。

平成26年7月7日より駐車場の利用法が変わります

雨天延期ですが、平成26年7月7日より駐車場の利用法が変わります。
ご注意ください。