グルタチオン点滴および経口療法(平成27年11月1日)

1)グルタチオンとは何か?
グルタチオン(glutathione)は体内組織に広く分布するSH基をもった化合物です。20歳代をピークに高齢になれば減少していきます。薬剤としてのグルタチオンは,SH基により体内での抱合反応を賦活して解毒を促進する作用や、抗アレルギー作用があります。なお、グルタチオンの経口投与は腸で吸収されるまでに多くが壊れてしまうため、点滴療法と比べて著しく効果が低くなります。 
近年、パーキンソン症候群や抗ガン剤投与後の神経知覚障害 強力な抗酸化作用などに効果があることが判明し注目されています

2)グルタチオンの働き
①体内の活性酸素、過酸化脂質などの消去
②解毒作用・薬物の解毒
③含流アミノ酸の貯蔵庫
④強肝作用
⑤肺機能の強化作用
⑥発がん抑制作用
⑦美容作用
⑧抗酸化作用

3)効能効果
①薬物中毒,自家中毒,周期性嘔吐症
②慢性肝疾患における肝機能の改善
③急性湿疹、慢性湿疹,皮膚炎、蕁麻疹、リール黒皮症、肝斑、炎症後の色素沈着
④妊娠悪阻、晩期妊娠中毒
⑤角膜損傷の治癒促進
⑥放射性療法による白血球減少症、放射線宿酔、放射線による口腔粘膜の炎症
⑦パーキンソン病
⑧うつ症状の改善
⑨かぜの初期症状

4)歯科口腔外科領域の効能効果
①口腔がん治療の副作用の予防、抗ガン剤投与量制限因子の抑制
②口腔がん治療による末梢神経障害の抑制
③難治性口内炎の消炎
④歯肉粘膜、口唇の色素沈着、損傷治癒促進
⑤歯科用金属アレルギーの治癒促進
⑥歯科材料や歯科用薬品による薬物中毒の解毒
⑦歯肉や口腔粘膜のアンチエイジングなどに効果が期待できます

5)投与方法(点滴および経口投与の2通り)
*点滴法
①初回はグルタチオン800mgを生食20-40ml(または生食50mlボトル)に溶解し、15-20分かけて静注または点滴投与します。
②その後は200-400mgずつ増量、病状や経過によって最大2500mgまで増量します。
③平均グルタチオン投与量は1400mg、投与頻度は週2~3回です。
④化学療法後の末梢神経障害では2000mgの投与します。
⑤グルタチオン800mgとビタミンB12(1mg)の処方の組み合わせも推奨します。
⑥ビタミンB6はパーキンソン治療薬のレボドパの作用を減弱させるのでビタメジンやシーパラなどのビタミンB6を含有している製剤は使用しません。
⑦高濃度ビタミンC点滴療法によるガン治療の場合には、点滴バッグにグルタチオンを混注させません。また、ビタミンCによって生成されたH2O2(過酸化水素)がグルタチオンで中和されるのでビタミンC点滴療法と同じ日にグルタチオン療法は行いません。

*経口投与
LippomixのGLUTATHIONE
1日 1包~2包 服用

6)点滴療法ができないケース
腎機能の低い方や栄養状態の悪い方 脱水症状の方 現在透析治療中の方はこの治療を受けることが出来ません

7)対象疾患
前記に示した「4)歯科口腔外科領域の効能効果」により当所では以下に示す疾病の治療と予防に使用します。
ただしすべてのケースにおいて100%結果を保証するものではありません。
①口腔ガン、その他の頭頸部の悪性腫瘍の治療・予防
②難治の歯周病、歯肉炎、歯肉出血
③難治の口内炎、口唇ヘルペス症
④顎関節症(偏頭痛、肩こり)
⑤口腔乾燥症、ドライマウス、口臭症
⑥口腔外科手術、インプラント外科手術後
⑦舌痛症
⑧アンチエイジング外来
⑨三叉神経痛・顔面神経痛
⑩嚥下障害
⑪その他、口腔外科・頭頸部外科領域の諸症状

8)料金は、保険適用外のため自費診療です。以下の通りです。
* グルタチオン点滴注射(薬剤料 処方料 注射手技料含む)
1回1,000mgまで    ¥6,000 (税別)
1回1,600mgまで   ¥10,000 (税別)
1回2,000mgまで   ¥11,000 (税別)

*グルタチオン Lippomix(経口用)

経口投与が可能なのが特徴
30包 1箱

9)所要時間   1,000mg以上  15分~30分
2,000mg以上  30分~50分
10)予約方法は、当院受付窓口でお申し込みされるか、お電話にてご予約下さい。
℡0439-54-1949
11)注意事項 頭頸部領域(口腔外科診療域)以外への施用は当院ではお受けできません。
12)お問い合わせは、メールにてご相談下さい。(ホームページをご確認ください。)

参考文献:グルタチオン点滴でパーキンソン病を治す  柳澤厚生著 (株)G.B.

『統合医療でがんに克つ』電子版紹介(リンクページ紹介)

日本国民の2人に一人がガンにかかり、年間3人に一人がガンで亡くなります。
口腔領域においても年間数千人がガンで亡くなっています。
できるだけ多くの情報を発信する必要があると考えています。
大島 晃
以下の引用文をお読みください。

『統合医療でがんに克つ』電子版開設にあたって

 『統合医療でがんに克つ』は、がん患者さん向け月刊誌として、2008年(平成20年)7月に創刊いたし今日に至っております。
これまで、サブタイトルの「がん難民をつくらないために」との思いから、多くの情報をお伝えしてまいりました。
しかし、インターネットの発達により紙媒体では、情報を必要とされているすべての皆様にお伝えすることに限りがありますので、ここに電子版を開設することといたしました。
 また、現在のインターネットの情報には、残念ながら出所の不明な情報なども氾濫しています。この電子版を開設する目的の一つは、誰が書いた記事かはっきりした情報を得ていただきたいということです。
電子版での情報は月刊誌で掲載されたものの中より抜粋いたしますし、遅れてお伝えしますので、必要であれば月刊誌をご購読いただければ幸甚です。
『統合医療でがんに克つ』発行人 吉田 繁光

以上、ご興味ある方は、是非お読みください。

299‐1141
千葉県君津市君津1番地 君津健康センター1階東側
ビー・アイ歯科診療所
大島 晃
電話0439-54-1949
メールのお問合せ bidc68@yahoo.co.jp

歯科における点滴療法

点滴療法研究会歯科医師部門

~行動指針~

歯科会員は、国民の健康の向上のために、以下の行動指針を守り、活動する。
(1)会員は、点滴療法・栄養療法を下記三項目の目的のために提供する。
  ①国民の口腔領域の健康の維持
  ②口腔領域の疾病の治療と予防
  ③口腔病巣を治療することによる関連する全身疾患の予防
(2)会員は上記を提供するための必要な知識と技術の習得を怠らない。
(3)常に歯科医師として認められている領域の中で活動する。
(4)医科との協力・連携を図る。

詳しくは、下記部をクリックしてください。
参考資料:点滴療法研究会歯科医師部門

〒299‐1141
千葉県君津市君津1番地 君津健康センター1階東側
ビー・アイ歯科診療所
大島 晃
電話0439-54-1949
メールのお問合せ bidc68@yahoo.co.jp

インプラント周囲炎の予防について

1.口腔ケア(ブラッシングなど、咬合治療など)
2.免疫力アップさせることが必要です。
・高濃度ビタミンC点滴療法
・グルタチオン点滴療法
・α―リポ酸点滴療法
・低用量ナルトレキソン療法
・栄養療法(オーソモレキュラー療法)
・などを行う必要があります。

当所では、インプラント周囲炎予防のお手伝いを行うことが可能です。また、免疫力を高めたり、口腔の健康に役立ちます。又、アンチエイジングにも有効です。

口腔内科

具体的には口臭、口腔粘膜疾患(ヘルペス、カンジダ症、口内炎・口角炎、悪性腫瘍・良性腫瘍など)、唾液腺疾患、顎関節疾患、口腔乾燥症(ドライマウス)、味覚障害、舌痛症、顎顔面領域の神経性疼痛、口腔内と関連する精神疾患(口腔心身症)などが対象となります。かなり幅広いエリアです。
 治療では、栄養療法(オーソモレキュラー療法)、点滴療法などグローバルスタンダードな治療を当所では行います。