ビー・アイ歯科診療所と麹

ビー・アイ歯科診療所の麹への取り組み
 歯科における2大疾患(むし歯、歯周病)の主な原因は、食事にあることはわかっています。しかし、どんなに良い栄養素も腸の働きが悪ければ大切な栄養素を吸収してくれないし、役に立ちません。口腔の健康には、腸の健康が重要になっています。また、口腔の環境悪化は、腸内環境悪化に繋がります。そこで、ビー・アイ歯科診療所では、日本古来から利用している麹に着目しています。
 その理由は、
 日本人に馴染みがある。
 麹商品が多い。
 麹料理は評価されている。
 研究成果が整っている。
 以上の点から日常生活を用いることをビー・アイ歯科診療所は推奨しています。

*麹の働き*
栄養素の分解
消化のサポート
乳酸菌を元気にする
ビタミンの生成
免疫力の強化
ストレスホルモン抑制
など

口腔内環境と腸内環境
 口腔内環境が悪い(むし歯や歯周病が増加する)と歯周病菌などが増加します。そのような環境で我々は、24時間唾液を飲み込んで腸内に移動します。最近の研究では、腸内に移動した口腔内細菌の10~20%は、腸内に定着すると言われています。
 腸内に悪影響を与える口腔内細菌が多ければ腸内環境も悪化し、腸内機能の低下を引き起こします。また、体内にも細菌や毒素が侵入し健康に悪影響を与えます。つまり、口腔内環境を良好にすることと腸内環境を良好にすることの両方は健康に大変重要という事になります。

家での麹を用いた発酵食品(体に良い物、おいしい物は、手間がかかります。)
1.素材
味噌
塩麹
醤油麹
2.食品
甘酒
豆乳ヨーグルト
3.商品(現在、通販利用)
マッコリ
麹の華
前立腺の友
茶麹など

インプラント周囲炎の予防について

1.口腔ケア(ブラッシングなど、咬合治療など)
2.免疫力アップさせることが必要です。
・高濃度ビタミンC点滴療法
・グルタチオン点滴療法
・α―リポ酸点滴療法
・低用量ナルトレキソン療法
・栄養療法(オーソモレキュラー療法)
・などを行う必要があります。

当所では、インプラント周囲炎予防のお手伝いを行うことが可能です。また、免疫力を高めたり、口腔の健康に役立ちます。又、アンチエイジングにも有効です。

口腔内科

具体的には口臭、口腔粘膜疾患(ヘルペス、カンジダ症、口内炎・口角炎、悪性腫瘍・良性腫瘍など)、唾液腺疾患、顎関節疾患、口腔乾燥症(ドライマウス)、味覚障害、舌痛症、顎顔面領域の神経性疼痛、口腔内と関連する精神疾患(口腔心身症)などが対象となります。かなり幅広いエリアです。
 治療では、栄養療法(オーソモレキュラー療法)、点滴療法などグローバルスタンダードな治療を当所では行います。

フコイダンとその療法 (平成26年5月6日)

 モズクやワカメ、昆布などの海藻類(褐藻類)は表面がぬるぬるとした成分で覆われています。
 フコイダンと総称されます。
 フコイダン療法とは、フコイダンの①アポトーシス誘導作用、②血管新生抑制作用、③免疫力強化作用を利用した療法です。
 そのほかにも以下に多くの作用があります。当所においても口腔の健康、アンチエイジングなどを目的にフコイダン応用を開始します。

まとめ
[ 抗腫瘍・抗がん作用 ]
1)免疫増強作用
• マクロファージ活性化
• IL-12誘導
• NK細胞活性化
2)アポトーシス
• 正常リンパ球には毒性を示さない
• がん細胞には濃度依存的にアポトーシス誘導
3)血管新生阻害
• VEGFのレセプター結合阻止
• VEGFの発現、分泌阻止
4)転移・浸潤阻止
• MMP-2、-9発現、分泌、活性化阻止
5)がん細胞接着阻止
• 糖鎖接着阻害作用(スルファチドーセクレチン結合阻害活性)
6)マウスでのがん増殖阻害・延命効果
• マクロファージ活性化

[ 抗ピロリ菌・抗潰瘍作用・胃不快感改善作用 ]
• 硫酸基がピロリ菌を捕獲
• 粘膜保護
• 抗ピロリ菌、粘膜保護、抗炎症

[ 抗アレルギー作用・抗炎症作用 ]
1)Th1/Th2 比調節
• Th2 抑制(IL-2、-3、-5抑制)、粘液産生細胞抑制、好酸球減少
• IL−4、IgE、抗BSA特異的IgE抑制、ヒスタミン遊離抑制
2)炎症細胞抑制
• アトピー性皮膚炎モデルマウス症状改善

[ 肝機能向上作用 ]HGF産生増強
• GTP、GOT、γ-GTP値改善

[ 抗生活習慣病 ]
• 血中コレステロール値・中性脂肪値・血糖値の改善・抗肥満

[ 抗糖尿病作用 ]
• 筋肉細胞への糖取り込み促進
• 糖尿病モデルマウスでの血糖値上昇抑制

[ 抗ウイルス作用 ]ヘルペス、HIVなど
• HTLV-1感染細胞にアポトーシス誘導、中和抗体価上昇

[ 抗菌作用 ]
• 食中毒菌増殖抑制(サルモネラ)

[ 抗酸化作用 ]抗加齢
• 活性酸素消去

[ 血液凝固阻止作用 ]抗動脈硬化症
• 血液をさらさらにする

[ 美肌作用 ]保湿、しわ、しみ、くすみ
• シワ抑制、コラーゲン酸分解抑制、抗酸化作用
• ヒアルロン酸酸化分解抑制、ヒアルロン酸合成促進
• ヒアルロン酸酸素合成分解作用、ヒスタミン遊離抑制作用
• 皮膚の保水性、弾力性維持、創傷治癒促進
• 吸湿性、保水性向上

参考資料:「海藻由来酵素消化 低分子フコイダンの抗腫瘍効果を中心とした研究」より

幹細胞を増やすサプリメント「ステムCニュートリション」

幹細胞を増やすサプリメント「ステムCニュートリション」

リオルダン・クリニックのニール・リオルダン博士は身体の修復細胞である末梢血幹細胞を増加させる再生医療サプリメントを開発しました。
このサプリメントは米国を初め世界で販売されています。

ステムCニュートリションは経口摂取によって骨髄に固定されている造血幹細胞の放出を促進して、流血中に造血幹細胞を動員します。

ステムCニュートリションを1日8カプセル投与したととろ、末梢血中の造血幹細胞の細胞が最高100 % 、CD34+細胞が最高50%増加しました。また血管の修復や血管新生に密接に関わる細胞であるEPCs(血管内皮前駆細胞)は100%増加しています。

造血幹細胞は現在わかっているだけで、神経細胞(神経細胞、 膠細胞、星状細胞)、骨格筋細胞、心筋細胞、及び肝細胞に変化が可能であるため、本製品は様々なアンチ工イジングや機能修復に適しています。

■開発者(Neil Riordan)は下記の症状に適しているとコメントしています。

・アルツハイマー症 
・動脈硬化症  
・心疾患リスクファクターが高い 
・ED(男性勃起不全)が重篤 
・脳卒中後の回復促進 
・リウマチ性関節炎  
・多発性硬化症  
・脊髄損傷  
・多発性硬化症  
・乾癬性関節炎  
・筋ジストロフィー  
・リウマチ性多発性筋痛症 

 その他修復が必要な疾患、例えばスポーツ外傷・腰痛・膝痛・肩痛などにも適しています。

日本では
点滴療法研究会会長の柳澤先生は自らの重症頸椎症にこのサプリメントを使用したところ、
痛みが劇的に取れ、著しい回復を果たしました。
さらに先生のスピックサロン・メディカルクリニックで
外来再生医療として使用した300人以上の経験例から、
頸椎症・腰椎症、股関節・膝関節症、メニエール症候群、神経疾患、
動脈硬化症、歯周病、アンチエイジングからED(勃起不全)まで、
新しい再生医療サプリメントとして期待以上の成果を上げられました。

 1瓶 120カプセル 13,000円(税別)

 摂取量の目安:
  摂取目的が明確な場合は1日8カプセルを朝夕2回に分けて
  お水またはぬるま湯でお飲みください。

症状が安定したら(または、アンチエイジングの目的では)
  通常/1日4カプセルを朝夕2回に分けお飲みください。

 
 ・VaminD3      625IU
 ・β1.3-グルカン    25mg
 ・乳酸菌咬合物    50mg
 ・乳酸菌( L.Fermentum )200mg
 ・ザクロ抽出物     75mg

 販売価格 13、000円(税別)

スマホからアクション!

おはようございます。初めてスマホから接続してます。写真は、昨日参加したセミナーです。