削らないブリッジ

ビー・アイ歯科診療所では無駄に削らないブリッジ治療を行っています。
全く削らないブリッジと歯のエナメル質の範囲で少しだけ削るブリッジがあり、それらは症例により選択されます。

いずれにしても従来の保険適用のブリッジに比べると極端に削る量が少ないブリッジです。
歯は通常、削れば削っただけその寿命を縮めてしまい、またその害も大きいです。
そのため、削らないブリッジはとてもメリットの大きい治療なのです。

なぜ全く削らない、あるいは削る量を極端に抑えてブリッジを作成することができるのでしょうか?

ビー・アイ歯科診療所では技術を学び、習得しているので、それができるのです。

多くの場合、歯を抜いたらたくさん削るブリッジかインプラントか義歯になります。インプラントもまわりの歯を削らずに済みますが、外科処置が必要なので、骨の状態によりできないケースも多いです。

その点、ブリッジは関係なくできます。あまり削らないでブリッジができるならインプラントより気軽にできます。治療はその内容をしっかり理解して納得してから行うべきです。
ビー・アイ歯科診療所ではインフォームドコンセントを重視しています。相談は無料です。わからないことは明快にお答えしますのでお気軽にどうぞ。