歯髄(歯の神経)を守る!

虫歯になると歯を削る!
大きなむし歯、深いむし歯では、歯の神経(歯髄)の治療を行うのが一般的です。
と皆さんはお考えですか?
歯の神経(歯髄)は、残す必要があります。
また、歯の神経(歯髄)を守る必要があります。

歯の神経(歯髄)を残す方法と守る方法があります。
私の担当は、「身体の内部から歯髄を守る」です。

ビー・アイ歯科診療所は、コンビニエンスな歯科診療所ではない。

ビー・アイ歯科診療所は、コンビニエンスな歯科診療所ではない。
歯を削らない治療を目指す歯科診療所であり、
全身歯科医学®を実践する歯科診療所である。

歯周病やインプラント周囲炎でお悩みの皆さんへ

*歯周病やインプラント周囲炎は、歯みがきだけでは改善しません。
*食事を含めたケアなどと口腔ケアが重要です。
*歯周病の治療を全身歯科医学的アプローチで進めていきます。
(全身歯科医学的アプローチは、ビー・アイ歯科診療所のオリジナル治療法です。)

〒299-1141
千葉県君津市君津1番地 君津健康センター1階東側
ビー・アイ歯科診療所
電話・FAX:0439-54-1949
大島 晃

コロナルリケージ

根管治療(歯の神経の治療)は、結果的に歯の死を意味します。身体は、アシドーシスになり全身的疾患になりやすくなります。
根管治療に完璧な事はありません。
最も重要な事は、むし歯にしない事。
歯を削らない事。
歯の神経の治療をしないこと。歯の神経を温存する事。
何故か?
歯の構造を知れば簡単な事です。
電子顕微鏡レベルでは、穴がいっぱい開いてます。
歯の神経の管は、大変多くの枝あります。
このような構造なので消毒や、管の密閉は不可能です。
ですから、根管治療した歯は、再度むし歯になったり、歯周病になったり、歯が割れたりします。結果的に抜歯になります。
しかし、すでに根管治療した歯が、たくさんあります。免疫力が低下するとドンドン悪化します。
コロナルリケージ(coronal leakage)を知ってますか。
根管系にはイスムス(歯根間の狭小部)やフィン(根管の断面が魚のヒレ状になっている)、側枝、象牙細管など存在します。これによって、歯冠側に細菌などの感染源や唾液などが貯留すると、根管充填を行っても根管を通じて根尖部から歯周組織に感染物質の漏えいが生じます。これをコロナルリケージと言います。
もともと、根管治療を行っても完璧ではないので悪化していきます。

唾液の管理

唾液の管理

一般に口腔乾燥症あるいは口が渇く方々は非常に多い。また、唾液が気になる方々も多い。(最近では、唾液の働きについては十分知られていますのでここでは、省略します。し、

ビー・アイ歯科診療所では、唾液の性質の一部を検査(自費)し治療に役立てています。

唾液の検査項目(2017年現在)
1.唾液の分泌量
2.唾液のpH
3.自律神経系のバランス
4.血管年齢
5.その他

得られたデータから
むし歯予防、歯周病予防、ガン、糖尿病、循環器疾患などによる口腔への影響の予防を行います。

治療法
1.むし歯治療
2.歯周病治療
3.栄養療法(医療用サプリメントなど)
4.点滴療法
5.その他

むし歯と歯周病の原因

むし歯と歯周病の原因
一般には、口腔内細菌による感染とされています。
口腔内細菌は、常在菌です。コレラ菌などのような外来菌ではありません。
常在菌が、感染力を増すのは免疫力が低下するからです。
免疫力の低下する理由は、たくさんあります。
さて、本題に戻します。

むし歯と歯周病の原因について戻します。
むし歯の原因
砂糖
ストレス
運動不足
微小栄養素不足(ビタミン、ミネラル不足)
薬物
(ロマリンダ大学 ラルフ・スタイマン博士)

歯周病の原因
糖質を好む(代表は、砂糖)
低体温
交感神経が常に優位
呼吸が浅い
酸性体質
その他栄養面では、マグネシウム不足、オメガ3脂肪酸不足

むし歯の原因、歯周病の原因は、ほぼ同じです。
実は、ガンの原因もほぼ同じです。

歯糞・歯腐れ病のひびき

平成28年4月24日(日)POIC研究会総会で西田亙先生の講演の中で歯科用語について素晴らしい解説をしてくださった。

×プラーク→×歯垢→○歯糞
×歯周病→○歯腐れ病

感謝!

歯科と食

人の「からだ」は、水と食べ物でできています。
こういう基本的なことは、すぐ忘れてしまいます。
小生が、歯科の教育を受け始めてから40年以上経っています。
教育現場は知りませんが、ようやく「歯科と食」のことを言い始めてくれる時代になりました。歯科の2大疾患であるむし歯と歯周病の予防は、歯みがきも大事ですが、実は、食事が大事であることをもっと言いたいです。
1939年発行の「食生活と身体の退化」W.A.PLICE著に大変詳しく記載されています。どんなに素晴らしい、むし歯治療、歯周病治療、入れ歯治療、インプラント治療など少々言い過ぎかもしれませんが、食を除外しては、予防、予後などは語れないと考えています。(広義にいえば、生活習慣です。)まだまだ、歯科では勉強することがたくさんあります。

ビー・アイ歯科診療所と麹

ビー・アイ歯科診療所の麹への取り組み
 歯科における2大疾患(むし歯、歯周病)の主な原因は、食事にあることはわかっています。しかし、どんなに良い栄養素も腸の働きが悪ければ大切な栄養素を吸収してくれないし、役に立ちません。口腔の健康には、腸の健康が重要になっています。また、口腔の環境悪化は、腸内環境悪化に繋がります。そこで、ビー・アイ歯科診療所では、日本古来から利用している麹に着目しています。
 その理由は、
 日本人に馴染みがある。
 麹商品が多い。
 麹料理は評価されている。
 研究成果が整っている。
 以上の点から日常生活を用いることをビー・アイ歯科診療所は推奨しています。

*麹の働き*
栄養素の分解
消化のサポート
乳酸菌を元気にする
ビタミンの生成
免疫力の強化
ストレスホルモン抑制
など

口腔内環境と腸内環境
 口腔内環境が悪い(むし歯や歯周病が増加する)と歯周病菌などが増加します。そのような環境で我々は、24時間唾液を飲み込んで腸内に移動します。最近の研究では、腸内に移動した口腔内細菌の10~20%は、腸内に定着すると言われています。
 腸内に悪影響を与える口腔内細菌が多ければ腸内環境も悪化し、腸内機能の低下を引き起こします。また、体内にも細菌や毒素が侵入し健康に悪影響を与えます。つまり、口腔内環境を良好にすることと腸内環境を良好にすることの両方は健康に大変重要という事になります。

家での麹を用いた発酵食品(体に良い物、おいしい物は、手間がかかります。)
1.素材
味噌
塩麹
醤油麹
2.食品
甘酒
豆乳ヨーグルト
3.商品(現在、通販利用)
マッコリ
麹の華
前立腺の友
茶麹など

グリーンアップルとcure tooth decay

平成27年11月7日(土)は、片品村の林檎亭に行ってきました。このところ毎年行ってます。
今回の最大のテーマは、「CURE TOOTH DECAY」というタイトルの本の54頁のintermediate fruit recommendationsの項目に書かれているgreen applesが気になって直接専門家に聞こうと思い片品村の林檎亭に行きました。
途中、吹き割の滝の周辺を散策し、片品村の林檎亭に向かいました。

林檎亭オーナーに近年の林檎の状況を聞くとやはり、以前は、酸味があった方が良いというように言われていたそうですが、糖度重視傾向が国内にはあるようです。本日(平成27年11月7日)食べられる林檎メニューは、写真の通りです。

月別に収穫できる林檎の種類が違うのも驚きです。(写真をクリックすると写真が大きくなります。)

もぎたては、完熟ですが、甘みも酸味もあります。この日酸味のある林檎は、陽光でした。昔ながらの素朴な歯ごたえ、味でした。

(陽光です。)
green apple?青りんご?完熟のものもあるようですが、種類は少ないようです。また、未熟のものも食べてみましたが、やはりまあまあでした。

(向かって左は、陽光の断面、右は、ふじの断面)

(ぐんま名月の未熟:完熟のものより甘み少ないですが、やはり完熟がいいです。)

先日facebookに投稿した内容の抜粋!(平成27年9月20日)
先日、green appleが話題になりました。まず浮かぶのは、1.ビートルズ。次に2.青リンゴ、その次は酸味のある3.紅玉です。まだあるでしょうが小生はこんなもんです。
リンゴのサイトを読むと、赤リンゴの熟してないリンゴ。甘みが少なく酸味がある。愛好家も多いようだ。青リンゴの品種もあるようだ。先日のセミナーの時のgreen appleは、赤リンゴの熟してないリンゴの気がします。


ジーニアス英和辞典 第3版 greenの項目


紅玉