あいうべ体操

免疫を高めて病気を治す「お口の体操」

「あいうべ体操」を御存知ですか?
考案者の今井一彰先生はよくTVにもでているし、ご講演もされているのでご存知の方も多いと思います。
シンプルで素晴らしい家庭療法です。

呼吸は鼻でするものです。口は食べるところです。
もし口で呼吸をしていると、むし歯・歯周病・不正咬合・垂れ下がった顔つきなどの原因になります。
さらに、慢性上咽頭炎にもなります。免疫機能が下がるため気が付かないうちに、全身の病気にかかることも多いです。

呼吸チェックリスト
いつも口を開けている
・口を閉じると、あごにウメボシ状のシワができる
・食べるときにクチャクチャ音をたてる
・朝、起きたときにのどがヒリヒリする
・歯の噛み合わせが悪い
・くちびるがよく乾く
・イビキや歯ぎしりがある
・口臭が強い
・タバコを吸っている
・激しいスポーツをしている
一つでも当てはまるものがあったら、口呼吸をしている可能性があります。

薬では治すことができないのが口呼吸です。
自分の力で自分の体を変えていくという医療本来の治療です。
くちびるの機能が衰えてくると鼻呼吸から口呼吸へと変わってきます。
口呼吸は全身の健康をむしばみます。

あいうべ体操の方法

1日30回を目安に続けてください。
運動ですので大げさにしたほうが効果はあります。
詳しく知りたい方は、今井一彰先生の免疫を高めて病気を治す「あいうべ」をご参考にしてください。

「あいうべ体操」でいろいろ改善期待できること
・むし歯、歯周病、口臭、歯並び、顔の成長
・嚥下障害
・アトピー性皮膚炎
・高血圧
・気管支喘息
・関節リウマチ
・シェーグレン症候群
・いびき
・うつ病
・胃炎
など

当所のプリント