フッ素について

ビー・アイ歯科診療所では、以下の理由で今後フッ素入り歯磨き剤、洗口剤などの販売は当面中止する予定です。
今後もより安全性の高い製品を提供しようと考えてます。

フッ素の害

現在、他の先進国ではフッ素廃止の流れができています。(フッ素の議論は、賛否両論です。)
WHOでは6歳未満のフッ素洗口を禁じています。
むし歯予防には効果がないとする論文が発表されたという事実もありますが、健康被害と環境破壊の危険性が高いためです。フッ素は、日常の食事にも微量含まれています。そのため、フッ素の使用は、0にできないのですが、最小限に控えたいと考えています。

*「重金属」体内汚染の真実   大森隆史著 プレミア健康選書より引用*
実は、フッ素とその化合物は歯磨き剤だけでなく、原爆製造に欠かせない成分であり、あのサリンの材料でもある有毒物質なのです。その毒性は、脳機能障害、甲状腺機能障害、不妊・流産などの生殖障害、発がん性、骨障害、フッ素症歯、遺伝子障害、心臓障害、腎機能障害など、まさに障害のデパートといった様相を呈しています。

洗口剤
薬による洗口は、耐性菌の発生を認めてしまうため極力避けるべきと判断しています。
現状では、電解水を活用することが良いと判断しています。